1. HOME
  2. ブログ
  3. ウィルビー学童スクールのコンセプト「家庭学習は家でしない」について

ウィルビー学童スクールのコンセプト「家庭学習は家でしない」について

ウィルビー学童スクールのコンセプトの1つとして、“家庭学習は家でしない”を掲げています。
なぜ、“家庭学習は家でしない”をコンセプトとして掲げているのか?
今回はその事について詳細にお伝えしたいと思います。
これをご覧いただき、ウィルビー学童スクールのコンセプトをご理解いただいた上で、当スクールにお申し込みいただけますと幸いです。

★そもそも“家庭学習”とは?

家庭学習とは、低学年のお子さまにとっては、特に、学校の宿題や学校で配布されるドリル・教材など、学校が終わってから各ご家庭で取り組む勉強のことを指します。
教育熱心なご家庭や学習意欲が高いお子さまは、それに加え、通信教材も含まれてくるでしょう。
この家庭学習は日々のことであり、言うならば、学校に通っている以上、切っても切れない関係です。

上述したように、家庭学習は“各ご家庭で取り組む勉強”ですので、当然、そのご家庭ごとに学習に対する取り組み方の差が出てきます。
ということは、どれだけお子さまが学習に取り組むのかは、そのご家庭次第である、ということになるのです。
以前の家族では、おじいちゃんやおばあちゃんと同居というケースが多かったので、宿題をサポートしてもらうことができましたし、今の時代よりも共働き世帯が少なかったため、俗に言う“鍵っ子”も少なかったと思います。
つまり、お子さまがお家に帰っても家族の誰かは居るのが当たり前の時代で、子どもの教育は家族みんなで取り組んでいました。
言い換えますと、子どもの教育に割く時間・子供と接する時間がたくさんあったのです。
しかしながら、今は家族の在り方が変化し、核家族が大半を占め、共働き世帯が急激に増えています。
共働き世帯が増えたということは、その分、お子さまと共有する時間が以前に比べ減ってしまうことを意味します。
また、核家族が増えたことによって、子どもの教育に関わること全てを親御さんが管理しなければならなくなったのです。
つまり、今の親御さんは昔よりも教育を含めた子育ての負担がかなり増えているのです。
普段の仕事に加え、家事や育児も大きくのしかかっている状況のなか、今ですら精一杯であるにも関わらず、そこにプラスしてお子さまの家庭学習を親御さんが管理するのは、そもそも無理があります。

仮に、無理をしてお子さまの家庭学習を続けていくとどうなるでしょう?
職場のストレスをお子さまにぶつけてしまったり、些細なことでも?りつけてしまったり、お子さまが問題を上手く解けなかった時にイライラしてしまいませんか?
ましてや、その問題が親御さんにとって簡単な問題であった場合、“何でこんな問題も分からないの!”とつい言いたくなりませんか?
ただでさえ、貴重な家族の時間が減っているにも関わらず、そのような時間を過ごしたくないですよね。
せっかくなので、家族で楽しく充実した時間を過ごしたいですよね。

★そんな時はウィルビー学童スクール

そんな時にぜひ、ご検討いただきたいのが、ウィルビー学童スクールです。
ウィルビー学童スクールのコンセプトは、“家庭学習は家でしない”です。
家庭学習はお家ではなく、ウィルビー学童スクールでしましょう、ということです。
つまり、普段から仕事や家事、育児が大変で、どうしてもお子さまの家庭学習には手が回らない親御さんにお勧めの、新しいコンセプトの学童スクールなのです。

イメージとしましては、「学習塾+学童保育」です。
家庭学習をウィルビー学童スクールに任せていただくことによって、お家では一切、家庭学習をせず、家族の大事な時間を楽しく有意義に過ごしましょう、というものです。
なので、ウィルビー学童スクールのコンセプトの1つに“家庭学習は家でしない”と掲げているのです。
学校が終わったらウィルビー学童スクールに通塾し、そこで宿題や家庭学習を完了させますので、お家に帰ってすることは、時間割をセットするのみです。
これなら、親御さんの負担も減りますので、とても楽になると思います。

ここで、一般の学童保育との違いについてお伝えします。
低学年の間は、特に共働き世帯の方が利用する施設として、学童保育があります。
学童保育は、基本的に小学校の中や近く、若しくは徒歩圏内にあり、とても便利な施設です。
ただし、学童保育はお子さまを預かることが主な業務内容ですので、家庭学習がメインではありません。
学童保育の先生によっては、宿題もチェックしていただける場合もあるかと思いますが、それは基本的な業務ではないため、先生全員が宿題をチェックしてくれる訳ではないのです。
従って、お子さまが時間を過ごすための遊具や本などが完備されています。
もちろん、お子さまが自主的に宿題をやっても構いません。時間の過ごし方は自由です。
ただ、もし理解できない宿題に直面した時や、学校の授業で分からないことが出てきた時でも、学童保育では対応してくれない可能性が高く、そのままの状況でお家に持ち帰ることになってしまうのです。

そんな時でも、ウィルビー学童スクールであれば全て対応できます。
ここが一般の学童保育との大きな違いです。
お子さまは疑問をお家に持ち帰ることなく帰宅できますので、親御さんの負担も軽くなります。
以上が、ウィルビー学童スクールのコンセプト、“家庭学習は家でしない”についての詳細になります。
もし、家庭学習でお悩みの親御さんがいらっしゃいましたら、ウィルビー学童スクールを検討してみては如何でしょうか?
東京都世田谷区で学童保育をお探しの方は、メール・お電話のどちらでも構いませんので、当スクールにお問い合わせください。
また、無料体験も随時実施しておりますので、講師一同お待ちしております。

※ウィルビー学童スクールは、「学習塾+学童保育」の新しいコンセプトの学童保育です!

関連記事