1. HOME
  2. ブログ
  3. ウィルビー学童スクールが考える「低学年の間にするべきこと」とは

ウィルビー学童スクールが考える「低学年の間にするべきこと」とは

ウィルビー学童スクールではコンセプトの1つとして、“低学年の「余裕」のある時期に「脳に良いこと」をすべき”と掲げています。
では、“低学年の「余裕」のある時期にすべき” “脳に良いこと”とはどのようなことなのでしょうか?
今回はウィルビー学童スクールが考える低学年の間にするべきことについて、詳しくお伝えしたいと思います。
これをご覧いただき、ウィルビー学童スクールのコンセプトをご理解いただいた上で、当スクールにお申し込みいただけますと幸いです。

★低学年でしかできない知能開発とは?

小学校低学年の児童は認知発達上、頭の中の操作だけでは学習内容が理解できない段階にあります。
また「9歳の壁」と言われるように、9歳で言語や思考力が変化することが知られていて、書きながら思考を整理する力はこの頃にならないと身に付かないと考えられています。
ですから、計算ドリルや漢字練習帳、英単語帳などの学習を「とにかくこなす」のは、低学年にはあまりお勧めできません。
低学年の認知発達を考えると、この時期は、生活の中でたくさんの人たちとの豊かな関わりや多くの経験を重ねることが最も必要です。
そしてこの時期に積み重ねた経験が、思考力に変化が現れる9歳以降の本格的な教科学習へと繋がっていくのです。

つまり低学年の間に、学校以外でどのような時間を過ごし、どのような経験を積むかということが、これからの学習習慣や能力の基礎作りに大きな影響を与えます。
特に「図形や映像の認識・イメージの記憶・直感・ひらめき」など、主に右脳領域で発達すると言われる能力を高め「忍耐力・社会性・感情コントロール」など、数値で測ることができない「非認知能力」を伸ばすことが大切です。
これらの能力が1つになることで、勉強することが苦にならず、記憶の幅が広がり、初めて直面する課題を解決する能力となります。
今後のお子さまの成長のためにも、ドリルなどでは育むことができない、低学年だからこそできる知能開発が大切なのです。

★低学年の知能開発ならウィルビー学童スクール

低学年の今こそお子さまに知能開発を、とお考えの時にぜひご検討いただきたいのがウィルビー学童スクールです。
ウィルビー学童スクールでは、一般の塾とは異なり、能力開発を中心にしたカリキュラム構成で、学習が楽しいと思えるようなレッスン内容になっています。
具体的に、ウィルビー学童スクールのレッスン内容をご紹介します。

●「玉井式国語的算数」
アニメーション映像と音声による学習形式で、イメージング力と文章を読み解く力(=国語力)を身に付けながら、算数に不可欠な思考力を獲得していきます。
やり方を習う前に、「なぜそうなるのか」を考えることで、図や式をたくさん書き、試行錯誤を繰り返していく中で思考力を身に付け、自分のアイディアで数式や公式に結びつけていきます。
また、「具体物を通してものごとを理解する」という低学年の子どもの特性を踏まえ、ストーリーのなかで出てくる算数の課題を疑似体験しながら解決方法を考えるという手法で、算数の考え方や答えの導き方を自然に身に付けられます。

●「図形の極(きわみ)」
図形を頭の中でイメージしながら組み立てる習慣を積み重ねることで、公式に頼らない「図形脳」を伸ばし、空間認識力を育てていく図形専門のカリキュラムです。
タブレットとテキストを使用したレッスンでアニメーションを見ることによって、立体図形・回転体・展開図などの問題が直観的に分かるようになります。
学年単位ではなく、1人1人の理解度に合わせて徐々に難易度を上げながら実力を伸ばすスパイラル方式で、図形を無理なく得意分野に変えていくことができます。

ここでご紹介したもの以外にも、ウィルビー学童スクールでは、教科書や書店にもないたくさんのカリキュラムや新しい学習システムで、お子さまの能力(脳力)を引き出します。

国語力はもちろん、算数的な考え方や図形に対する認識力がしっかりしているかどうかは、今後の学習に非常に大きく影響します。
特に、図形を認識する図形脳は、小さい頃から意識して図形のイメージ化を習慣にしなければなかなか育てることができないものです。
さらに、図形脳を伸ばすことは、空間認識能力を育てることにも繋がります。
空間認識能力とは、ゼロからものを生み出す力、見えないものをイメージする力であり、時間の概念(管理能力)やクリエイティビティ(創造力)などと密接な関係を持っています。
これらの能力は、受験はもちろんのこと、社会に出てからも必要となる大切な能力です。
このように、ウィルビー学童スクールでは、低学年の認知発達に合わせて、中学受験はもちろん、未来に必要な能力を育む学習教材を使用したレッスンを行い、お子さまの知能開発を行っています。

これが、ウィルビー学童スクールが考える、“低学年の間にするべきこと”です。
お子さまの知能開発についてお考えの親御さんがいらっしゃいましたら、ウィルビー学童スクールを検討してみてはいかがでしょうか?
東京都世田谷区で学童保育をお探しの方は、メール・お電話のどちらでも構いませんので、当スクールにお問い合わせください。
また、無料体験も随時実施しておりますので、講師一同お待ちしております。

※ウィルビー学童スクールは、「学習塾+学童保育」の新しいコンセプトの学童保育です!

関連記事