1. HOME
  2. ブログ
  3. 英語学習で「2400」という数字!

英語学習で「2400」という数字!

みなさん、こんにちは!

突然ですが、英語学習のことで「2400」という数字を聞くと、何のことだと思われますか。

受験生の数?

何かの点数?

いえいえ・・・(笑)

実は英語を習得するために必要とされる時間数のことなのです!

つまり英語の習得には、2400時間を学習する必要があるということです。

もちろんこれには諸説あり、一概に言えるものではありません。

学者によっては「3000時間」という人もいるとのことです。

先日の説明会で、レプトン英語本部の石嶺氏の説明の冒頭でのことです。

では、小学校から高等学校までの総英語学習時間はというと・・・

何と、約1000時間です。

よって、2400時間-1000時間=1400時間 が、学校教育だけでは足りない学習時間なのです。

みなさんは、この1400時間をどのように補いますか?

学校教育と家庭学習だけで大丈夫なのだろうか・・・

また、英語学習では「読む」「書く」「聞く」「話す」の4技能のうち、どこに学習の中心をもってくるかも重要です。

しばしば指摘されていることですが、ネイティブ講師の英語の授業は「話す」「聞く」に中心が移ってしまいがちです。

レプトン英語では、ネイティブ英語をCDから聞いて、チューターがしっかりとチェックします!

楽しみながら、4技能をバランスよく身につけられます。

1400時間の足りない学習時間に、ぜひレプトンを入れてみてはいかがでしょうか?

関連記事